« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »

2016年1月

2016.01.31

学期終わり

日本は雪が積もっているとか。皆様いかがお過ごしでしょうか。
さて、一ヶ月の休暇が始まりました。
体調を整えながら来期にむけ練習ばんばんしていきたいと思います。
そういえば昔言われた「君は首の骨がまっすぐだね」という整体師さんの言葉を思い出します。
ストレートネックというやつらしいです。聞こえは良いですがなかなかケアは大切らしいです。
寝違えることがここ一週間で2度あったのでこの休暇中は全身の関節を滑らかに良く動かすことを意識します... もう高校生の身体とは違いますね。(涙)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.01.25

今年の漢字

去年もやっていたので今年もやりました。
2016年をどういう気持ちですごすのか。

Img_0580

りん。人の守るべき道筋。
国は違えど同じ「人」。誰と接するときでも日本人の道徳は世界に誇れるものでしょう。
出会うすべての人を大切にしたいものです。人の痛みがわかる人間になりたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.01.24

今年9月のコンサート

ギターカルテットの名前が決まりました!
「タレガギターカルテット」
2016年の9月に2つのコンサートの予定も告知させていただきます。

●2016年9月10日(土)銀座ヤマハホールにて

●2016年9月17日(土)海老名市文化会館小ホールにて

↑クリックすると詳細をご覧になれます。

日本は寒波到来とのこと、皆様ご自愛ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.01.22

今期

今学期も終わろうとしていますが、言うなれば「室内楽の時間」でした。
ロドリーゴのアランフェス協奏曲、テデスコのソナチネ(フルートとギター)、
ピアソラのタンゴの歴史(フルートとギター)、ジャン・フランセのソナタ(リコーダーとギター)
など、良い勉強ができました。というのも普段一人で弾いていると気づかないような
フレージングの取り方や間の取り方、相手の呼吸を良く聴くこと、
時代区分に適した表現、様々なことが今後に生きていくと思うのです。
大学の友達に声をかけ一緒に気軽に室内楽をしてもらえるのも学生の特権ですね。
単にギタリストとしてテクニックを磨くのも大切ですが、音楽家としての基礎的な
表現力はアンサンブルを重ねることで養われていくのだと感じています。

Img_0577

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.01.12

レコーディング

昨日は大学で5時間かけて録音をしておりました。
マイクの設置や特性、音作りの基本などをみっちりと教わり、みっちりと弾きました。
コンサートとは違う疲労ですね。
良いものが出来上がると思います。
近日ブログで公開しますのでよろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.01.06

初雪です

大学の練習室から。
今日は自転車で帰れない。
Img_0573

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.01.02

あけました

新年あけましておめでとうございます!
今年もみなさまにとって平和で、佳き一年となりますようお祈り申し上げます。
ウィーンの年越しは相変わらずの爆竹と花火の嵐でした。
しかしどうやら中央駅のみは500人の警察官によって閉鎖されていたそうです。
そとはマイナス3度。先ほど雪も降っておりました。

今年はウィーンでの芸術鑑賞にこれまでに増して積極的になりたいと思います。
それと演奏においては、自らの人間的スケールの増幅と「汚い音が在るから美しい音が在る」という実にシンプルな考えを念頭に音楽作りに励みます。

どうぞ、本年もよろしくお願いいたします。
あたたかいお正月をお過ごし下さい。

ウィーンの扉に掛けるとなんだか不思議ですね。

Img_0572

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »