« ウィーンツアー | トップページ | 昨日の記事 »

2016.03.09

ニコラス・アーノンクール

1月のピエール・ブーレーズの訃報につづき、
先週の土曜日にオーストリアの指揮者ニコラス・アーノンクールが亡くなりました。
数回ではありましたが、彼の背中を楽友協会で見るたびにその丁寧で
魔法のようなオーケストラの鳴らし方に感動したのを思い出します。
彼のマタイ受難曲のリハーサルを聴いたときは
「牧師が神の仕えであるように、指揮者も神の何かか」と思うほどに、それは天上の音楽でした。
2015年10月11日のコンツェントゥスムジクスのコンサートは彼の体調不良により
4月に延期となっていましたが、それもかなわないものとなってしまいました。
今でもその立ち見のチケットは家の壁に飾っています。

ご冥福をお祈りいたします。

|

« ウィーンツアー | トップページ | 昨日の記事 »

コメント

昨年夏、ウィーンからグラーツへいきました。アーノンクール氏のコンサートチケットが、取れず、又の機会と、思い、帰国しました。訃報を、新聞で読み、がっかりしていた時、貴方のブログから、
アーノンクール氏の映像見せてもらいました。ため息が、でました。
蛇足ですが、ウィーン音楽大学にも、散歩がてら、行き、食堂でお茶しながら、
学生気分を、味わって、来ました。又
、浦安市文化会館でコンサート開いて下さい。
リクエスト
Capricho Arabella

投稿: 浦安おばさん | 2016.03.09 16:15

そうだったのですね。ウィーンはまだ少し寒いです。
また浦安でコンサートをする際にはタレガ、入れておきたいと思います。
お会いできます日を楽しみにしております。

投稿: okamoto | 2016.03.12 08:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1507678/64353275

この記事へのトラックバック一覧です: ニコラス・アーノンクール:

« ウィーンツアー | トップページ | 昨日の記事 »