カテゴリー「日記・コラム・つぶやき」の記事

2017.12.11

絆プロジェクトウィーン

ウィーン19区の有名なホイリゲマイヤーのすぐ横にあるベートーヴェンホール

というところで8日、当初、福島での震災に対する応援から始まった
「絆コンサート」というところで演奏させていただきました。
一時帰国するたびにテレビのニュースで福島の復興の現状に関する
ドキュメンタリー番組を目にしていました。僕が演奏することでそれが
誰かの力になれるのなら、演奏者としてこれ以上嬉しいことはありません。
当日はピアノ、ヴァイオリン、合唱、詩の朗読、ギターとジャンル様々に
楽しいコンサートとなりました。
一応「クリスマスコンサート」ということでもあったのでバッハとそれから
聖母の御子も弾かせていただきました。
若手の方々の演奏も素晴らしかったです!
私ももっと勉強し続けねばとハッとしました。
一期一会、新しい出会いに感謝!
●『絆』アドヴェントコンサート●
12月8日金曜日 17:00開演
ウィーン19区 Pfarrplatz 3
ベートーヴェンザール
『絆』合唱団ウィーン 監督:三谷結子
ピアノソロ : 児島響, アレクサンドラ・イリッチ, 岡本華奈
ギターソロ : 岡本拓也
ヴァイオリンとピアノのデュオ : 松本紘佳、松本有理江
詩の朗読:アンディ テュルンベック
『絆』プロジェクト・ウィーン
代表:コーイエダー・酒井ゆかり

Img_0338

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.12.04

謎のコアラ

本当ならロッテののはずだけど…
クーヘンマイスターという会社のコアラのマーチを発見。
なにかロッテと関係あるのかなぁ?


| | コメント (0) | トラックバック (0)

レゴンディ

小暮浩史さんの東京国際ギターコンクール優勝の知らせを受け、僕のやる気にも火がつきました!おめでたいです!

そういえば夏に録音したジュリオ・レゴンディの序奏とカプリスOp. 23の音源をアップロードしたので、楽しんでいただけたら嬉しいです。
Photo: Andrej Grilc
Recording engineer: Elias Stejskal

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017.11.13

アラド

無事にルーマニア・アラドより帰ってきました。

ほぼハンガリーとの国境沿いに位置するこの町。

とてもあたたく迎えてくれた現地の人々に感謝です。

主催のフィルハーモニックアラドという組織は

ルーマニア革命も逃れてきた伝統ある団体で、町の規模は違えど

ウィーンでいう楽友協会にあたるのだそうです。

今年は彼らのホールが修復中につき、市庁舎ホールでの演奏でしたが

満席のお客様に暖かく迎えられ、しっかりと仕事ができました。感謝!

↓フィルハーモニックアラド

市庁舎

ホール



片隅に何か発見


よーく見ると

フランツリスト様ではありませぬか

どうやら彼が1848年の11月10日にアラドでこのピアノを演奏したそうな。
1日違えど、なにかちょっと運命的なものを感じました。
それにしてもこのピアノ柵もなにもなく、主催者は僕との契約書にこの上でスラスラとサインしてました。



これ、ソロリサイタルのポスター。


そうそう。飛行機で出入国すると飛行機のマークのスタンプが押されますが

電車で国境をまたぐと汽車のスタンプが押されるんですねぇ。かわいい。
ちなみにバスで越えた際には自動車のものでした。

見かけたパン屋さんの名前は「ジジ」。
魔女の宅急便を思い出しパシャリ。
中は全部パン工房で、お客さんはみんなガラスの真ん中に開いた窓からやりとりするんですねぇ。


現地で打ち上げに招待してくれたギタリスト達とも連絡先を交換し

無事に帰ってきました。

ルーマニア。数々の困難を乗り越えてきた国。
今回も様々な出会いの中で人々の心のぬくもりに触れ、
この時代であるからこそ人として「大切なもの」を改めて感じる機会にもなりました。

ありがとう!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017.10.27

new photos

ウィーンに再び戻り大学のこと、家のこと、ギターのこと、いろいろやっているうちにあっという間に10月も終わりです。

今日の午前中は雨が降り続け、その後の気温はぐんと下がりました。

10度前後。冬の始まりを告げる厚い雲が空を覆っています。

まだ少し天気が良いうちにスロベニアのプロ写真家にポートレートを撮ってもらいました。
彼の切り取る世界には彼の色があり、被写体のオリジナルのカラーも引き出してくれます。
ありがとう Andrej!!!
その中から数枚ご紹介...
©Andrej Grilc


Img_0050


Img_0057




Img_0062

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017.10.12

夏の終わり

日本時間12日午前4時頃ウィーンにまた戻ってまいりました。
空気はひんやりと冷たく町も道行く人々の装いもすっかり秋です。

いつからかこの乾燥した空気が懐かしいと思うようにもなった気がします。
さて、この夏の帰国ではたくさんの人にお世話になりました。
今一度感謝申し上げます。
この夏最後のタレガギターカルテット秦野公演もおかげさまで沢山の方々に聴いていただくことができ、
いちどしかない生の空間を共することができました。
よーしこれからはしっかりと時間をとって新しいレパートリーの開拓に挑みます。
まずは来月いただいたルーマニアのコンサート、来年2月の日本でのコンサートそして6月末予定の卒業試験。
自分がすべきことをしっかりと見据えこなしていきたいと思います。

時差ぼけで現在とっても眠いです。気を失いそう…
ということで季節の変わり目皆様もどうぞご自愛ください。

秦野での一枚
Img_0164

東京のねこたち
Img_0163_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.10.07

千葉市美浜文化ホール

フルートの坂本璃子さんとのデュオコンサート、無事に終えることができました。

お越し下さった皆様、主催してくださった千葉ソロギターサークル、
そして当日お手伝いくださったスタッフの皆様。本当にありがとうございました。
もともと「あ、家が近いんだね!」という千葉トークで盛り上がって始まったこのコンビ。
坂本さんには僕からお願いしたのですが、当初よりレパートリーのわがまま(全曲私の希望...!)、
音楽表現の話し合い、全てにおいて快く引き受けてくださり、当日も万全の態勢で
素晴らしい音で旋律を奏でてくださいました。坂本さんありがとう!
彼女も僕と同じくウィーン国立音楽大学で勉強中です。
今後ますます千葉を拠点に活躍されることでしょう!
毎度思うのが、美浜文化音楽ホールの響きの良さ。
ギターに丁度いいサイズ、音の跳ね返り。当日も気持ちよく演奏させていただきました。
ありがとうございました!
22256576_1496635497091527_410308279
お手伝いいただいたみなさまと!
22181491_1496626230425787_856470126

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017.10.02

土気南中学校

9月22日に千葉市の土気南中学校に芸術鑑賞教室として、演奏させていただきに

行っておりました。直後に大阪に行っていたのですっかり報告が抜けていました!
ラスゲアードやハンマリング、トレモロなどの奏法を説明すると皆さんとても
興味を持ってくれたのでこちらも楽しく進めることができました。
驚くべきは彼らの集中力と聴く姿勢の良さ!
クラシックギターはなかなかコアな部分も多いので一時間どう興味を
持ってもらおうかといろいろ考えていたのですが、そんな心配は無用で。
みなさんの中に、少しでもクラシックギターへの、音楽への新しい発見が生まれていたら良いなと思っております!
とても気持ちの良い、爽やかな土気南中学校でした!
一期一会、素晴らしい機会をありがとうございました!
1

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017.09.28

タレガギターカルテットの大阪、川崎公演が終わりました。残すは秦野。
たくさんのお客様にお越しいただき、またあたたかい空気の中で演奏できとても嬉しく思います。
川崎のワインバーコンサートではメンバーの4人にちなんだワインが販売され、そちらも楽しんでいただけたことと思います。

さて来たる30日はフルートの坂本璃子さんとのデュオコンサート。
お、予定何もない、という方どうぞお越し下さいませ!










| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.09.21

タレガ、写真撮影

連日実は続いていたタレガギターカルテットの合わせ練習。
今日は午前中を使ってチラシ等に使う写真撮影でした!
さて、出来上がりが楽しみ!
コンサート情報はブログ左側ですので、どうぞごらんください。
今年も楽しいことになりそうです。

Img_0060

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧